ためぐまスキッパ
 ■戻る
ためぐまスキッパ ため口Cafeから派生した、ためぐまスキッパ
たまたま、ため口Cafeのキャラクターを考えたとき、かなり古い、熊の縫いぐるみがあるのを発見して、オリジナルの紙の手提げ袋を作成し、配置してみました。
ところが、この袋から、万年筆を通して、飛び出して来たではないですか。元々のぬいぐるみの作者さんもいる事でしょうが、インクとなって飛び出して来た熊は、キャラクター化されて、独自の道を歩き始めました。それが、ためぐまスキッパの始まりです。
ベアーズマガジンの編集室の中を、自由に歩き回り、いろんな見分をして、編集長と共に、ベアーズマガジンを盛り立て始めたようです。

ためぐまスキッパ
春の種。
ためぐまスキッパ絵本 ためぐまスキッパ絵本 煮込み料理編 絵本
もうすぐ来るぜ! ここから始まったストーリー。
おい!もうすぐ来るぞ!
おめー大丈夫か?
と、やはり、ため口のスキッパだった。

あの木
で、スキッパは気になっていた、あの木を見に、雪山を登って行った。
「やっぱりあった!
 この木に会いたかったんだ。」
と呟くのだった。

ふたご座流星群さらに山頂では、この季節特有のふたご座流星群に会い、感動するスキッパだった。 覗き込む時には編集長の仕事を覗き込む姿もあった。

由来 そして、スキッパの名前の由来が明かされる時が来た。
おじいちゃんがカギだった。ようだ。



編集長と共に
時には、編集長と肩を並べて、語ることもあり、これからも
共に歩んでいくことであろう。

クリプトン


山から降りて来た、インテリな登山家、クリプトン。
オルジー


古足の森に棲む、オルジーは、時々現れて、よく分からない言葉でしゃべる森の長老。
スキッパたちの棲む くま谷の全景
くま谷

BACK

HOME ためぐまスキッパ